エアツールの選択

夏だ!お盆だ!キャンペーンだ!今年も開催!お盆休み限定キャンペーン開催!期間中全商品対象ポイント10倍!さらに現在先行予約受付中のLUNA2-Proがお盆期間中超特価!
夏だ!お盆だ!キャンペーンだ!今年も開催!お盆休み限定キャンペーン開催!期間中全商品対象ポイント10倍!さらに現在先行予約受付中のLUNA2-Proがお盆期間中超特価!
究極のスプレーガンLUNA-Proが進化して復活!数量限定!LUNA2-Pro先行予約キャンペーン開催!
輸入車の鈑金見積りガイドブック・ボディ寸法マニュアル「ミッチェル日本語版2017」期間限定!先行予約キャンペーン開催!
ピンストライプの代名詞「マックブラシ」サマーキャンペーン開催!人気のブラシがALL 10% OFF!
アネスト岩田のエアブラシ10%オフキャンペーン開催!値上がり後なかなか手の出かかったiwataのエアブラシがお求め安く!
アネスト岩田のエアブラシ用コンプレッサー10%オフキャンペーン開催!この夏エアブラシを始めようかなという方必見です!
ワンタッチ塗調機能付きタッチアップスプレーガンW-101T-134G(化粧箱なし)+PC-4Sカップセットが超数量限定¥11,880!!
KES・環境マネジメントシステム・スタンダード
 
▲サンダーの動きの解説ページへ
Siベルトサンダー   コンパクトオービタル   空研インパクト
Siのindex頁へ→   コンパクトのindex頁へ→  

空研のindex頁へ→

 

 さて、玄人の眼でエアー工具を選ぶとすれば、どうなるか。エアー工具と一口に言っても、たくさんの種類がありますが、大きく見ると「研削系」と「締め工具系」に分かれます。コンパクトというメーカーは主に自動車鈑金塗装系や木工系のユーザーをターゲットにしています。また、空研はインパクトやラチェットといった「締め工具」を得意としていて、自動車分野のなかでも特に整備系ユーザーを多く獲得してるようです。Si信濃機販は特にベルトサンダーがラインナップはひじょうに多い。というように各社特徴をもっています。

■サンダー

売れ筋ランキング
丸系パットのダブルアクションサンダー部門

第1位  コンパクト914B2D 
第2位  空研DAM-055S 
第3位  SI-3111 

・ダブルアクション
 この工具は研磨に用いるエアツールですが、以前より用途が狭くなったように感じられます。以前なら、現場でダブルアクションを使って、パテ研ぎをしている風景をよくみかけたものですが、丸の回転系工具なので、ひずみが生じやすいという欠点があります。ダブルアクションはBP工場なら必ずある工具なのですが、最近の主な用途は、パテを研いだあとの周辺部の「ペーパーの目ならし」。「サフ研ぎ」。「上塗り塗装前の足付け」。といった用途に限られた感があります。したがって、ペーパーの粒度でいうと、この工程で使うペーパーは「P320〜P800くらいの細かな番手」になります。もはやダブルアクションで「削る」ことはありません。
  ダブルアクションはご存じのように、オービットという重りにより、偏芯運動をするツールですが、オービットの径が大きいほど、その振り幅が大きくなります。つまり大きいほどパテ研ぎなどの「粗研ぎ」に適します。オービットの標準サイズは5mmですが、これより大きなものは、もはや必要ないといってもいいでしょう。

売れ筋ランキング
丸系パットのシングルサンダー部門

第1位  コンパクト715A2
第2位  SI-2405 
第3位  空研DAC-05AI
番外編 SI-3200A-B

・シングル
このカテゴリーは主に、第1工程の鈑金前の塗膜に用います。ペーパー番手はP80前後が主流。シングルサンダーではコンパクト715A2や、SI-2405が売れていますが、少しかわったところを紹介すると、擬似シングルというものが発売されていますが、実際にはダブルアクションの動きをしますが、旧塗膜剥離ではとても効率のいいサンダーです。また、丸パットですが、パットが回転しない、揺動サンダーSI-3200A-Bもユニークな機種です。
【吸塵式か非吸塵か】
パテ研ぎはダブルアクションの役割からはずれることによって、ホコリの飛散割合は減ったわけですから、ダブルアクションは非吸塵を使うユーザーが増えました。
パットサイズはφ125mmのものをお選びください。理由は、メーカーの販売戦略でφ100やφ150mmといったものが流行った時期がありましたが、市場には受け入れられませんでした。これはペーパー供給などのインフラがそれを許さなかったのでしょう。結局、φ125径が主流となりました。このサイズが現場ではもっとも使いやすいという結論でしょう。
また、本体も樹脂ボディで軽量化を測った「片手サイズ」のものが主流です。

■四角パット系サンダーはストレートラインが人気です。上位にストレートラインサンダーが上位にランクされました。Si-7100は小型で軽量の機種です。

売れ筋ランキング
四角系パットのサンダー部門

第1位  SI-7100
第2位  空研KST-355 
第3位  コンパクト814B2D 

・オービタル
 鈑金面積の大きなものは、カーメーカーの政策からか、パーツ交換するようになりました。この業界事情で、補修面積が近年小さくなりました。オービタルの主な役目は、「パテ研ぎ」のパートとなります。以前はパットサイズの大きな「115mm×222mm」、「95mm×180mm」というものが主流でしたが、今は幅も長さも、小さなものへシフトしてます。「75mm×110mm」「75mm×175mm」というサイズのものになっています。吸塵か、非吸塵かについては意見の分かれるところですが、集塵装置の整った工場なら、とうぜん吸塵式の選択になります。ない場合で、吸塵式を使う場合は、オービタルの吸塵ダクトのうしろに袋をつけて、研磨粉を集める方式をとっています。けれども、操作性が悪くなるため、いっそのこと非吸塵を選択するケースもあります。

・ストレートラインサンダー
 このツールは最近注目を集めています。Si(信濃機販)というメーカーからSi-7100という片手サイズで、ひじょうに操作性のよいストレートサンダーが発売されました。オービタルと比較して、横ブレがなく、狙ったラインを出せる優れたツールです。ストレートラインサンダーの歴史は古く、30年以上も前から、あったものですが、それはとてつもなく大きなツールでしたが、近年の仕事の小面積化に対応した、ハンディサイズのストレートラインサーダーが発売されています。しかも樹脂ボディで軽量に作られており、「手研ぎ」感覚の便利なサンダーです。現場の玄人ユーザーに聞いても、ひじょうにレスポンスがいいという意見です。小型のストレートラインサンダーは待ち望まれていたツールだということが理解できます。

売れ筋ランキング
ベルトサンダー部門

第1位  Si-2700 
第2位  Si-2800 
第3位  空研KBS-12 

■ベルトサンダー
 このカテゴリーはユーザーではSiのエアーベールトサンダーをよく見かけます。ベルト幅は10mmと20mmが主流です。ベルトペーパーの選択は、10mm幅のベルサンダーの場合は、12mm×330mmのベルトペーパーを選ぶとよい。ローラー幅ジャストよりも、左右1mmの余裕があると、実際には作業がしやすくなります。

売れ筋ランキング
エアソー部門

第1位  コンパクト604 
第2位  SI-4700B 
第3位  空研KS-35 

■エアーソー
 このカテゴリーの人気商品を2機種紹介させていただきます。
  ・コンパクト604
 このエアソーの特徴は、圧倒的に「振動が少ない」ことです。従来機種にくらべ、手に伝わる振動をほとんど感じない。ということですが、実際には振動がゼロではありませんが、少ないことは確かです。
  ・
 この機種の特徴は「ギア式」であることです。

売れ筋ランキング
インパクト部門

第1位  空研KW-1600Spro
第2位  空研KW-140P
第3位  空研KW-1600proI

■インパクト、ラチェットなど締め工具
 このカテゴリーでだんぜん強みを発揮するのは「空研」です。インパクトレンチのラインナップは多く、選ぶのに苦労するくらいです。
ラチェットで特徴のある機種を二つ、ご紹介します。
 インパクトの用途は主に一般産業用と自動車の整備業向け、とくにホイールの脱着に用いられます。一般乗用車のナット径から12.7mmが主力となります。2tトラックなどは19mm角を使います。

 ・空研 KSS-10 クイックスパナ  ギア式ではないスムーズで静かなラチェットです。回転方向は1方向のみで、センターの差込を押し込むと裏側、突起が出て、逆回転ができます。ギア式ではないので、噛むことはありません。

売れ筋ランキング
ラチェット部門

第1位  Si-1108A (9.5角)
第2位  空研KSS-10 
第3位  Si-1107A (6.35角) 

  ・超小型ラチェット Si-1108A、 Si-1108B、 Si-1107A  世界最小のエアラチェットで、長さはなんと125mmと、掌に入るくらいのツールです。エンジンルーム内など狭小の隙間でも締められるスグレモノ。9.5mm角と6.3mm角があり、1108A(9.5角)はソケットをワンプッシュで取り外しできる機能まで付いてます。

■OEM
副資材のメーカーがエア工具や電動工具を発売しているケースがあります。結論からいいますと、これを選択することはお勧めできません。このようなケースでは、発売は有名ブランドであっても、実際に製造しているのは、エア工具の専業メーカーであることがほとんどです。メーカーの施策で「ユーザーを囲い込む」ためにワザと、それにしか使えない、サプライ品(ペーパーの穴位置が異なるものとか、サイズが特殊なもの)で規格される場合が多い。しばらくすれば、その製品はなくなっていた、なんてこともあります。

クレジットカードでのお支払方法に分割払いが加わりました。
お役立ち情報
スプレーガン、エアブラシの部品はこちら
カプラはこちら
カップはこちら
エアブラシ特集
解説ナビ
塗材(絵具)の薄め方
HowTo ネイルアート
HowTo ボディアート
テンプレートアート
TR1の秘密
教室のご案内
アーティストYuki&Jin
選び方/用途別
プロの握り方
プロの選択肢
ノズル口径の見方
メンテナンス
塗装後の洗浄
サタHVLPとRPの違い
ガンは幾ついるか
エアラインについて
エアホース基礎知識
トランスホーマー修理
ノスタルジックsharpe
おもしろ塗料特集
naxE3カラボ
塗装のホコリ対策
ムラ消しその1
ムラ消しその2
新車マジョーラ塗色
防錆塗料
水性塗料を使う
アルミの塗装 
クリヤー特集
特殊用途クリヤー
ひび割れる塗装
輸入車カラートリム
ツートンカラートリム
バンパーカラートリム
キャンディーカラー
メッキ塗料テスト
キャンディーの塗り方
自動車塗料の変遷
自補塗料古今東西
京都造形玄人本舗
エイジング塗装
SDS index
粉体塗装
パテの付け方
塗装用語豆辞典
よくある質問
磨きの基礎知識
磨きの基礎知識 Vol.2
はんだで鈑金技術
新ビジネス出張塗装
エア工具の選択法
塗装ブース基礎知識
ブース設置の費用
塗料と温度、湿度
フィルターのQ&A
塗装工場VOCの計算
リスクアセスメント
International shipping
掘り出し物市「アウトレット玄人本舗」
ホビーユーザー必見!タミヤやクレオスなどのホビーブランド満載![プロホンポ・ホビーショップ]
選りすぐりの美味しさ届けます。「したつづみ本舗」
© 2004 PRO-HONPO. All Rights Reserved.