スプレーガンの構造/道具へのこだわり 
吸上式と圧送式が兼用できる大型車両向けスプレーガン「kiwami SXP(エスバイピー)」!数量限定特典付き超特価!
アネスト岩田のエアブラシが数量限定超超超特価!!なくなり次第終了です!お急ぎください!
研磨材の代名詞コバックスのペーパーが期間限定10%オフ!スーパーアシレックス、スーパーバフレックス、トレカット、スーパータックシリーズまでキャンペーン特価!
プロ本舗一番人気コンパウンド「メンツェルナ」が期間限定超特価!いろんな番手をまとめ買いのチャンス!
人気の3Mコンパウンドが期間限定超特価!この機会にまとめ買いもアリかも!?
塗装作業の大敵、水やホコリ、油を取り除くドライフィルターの特別限定キットがキャンペーン特価!
輸入車の鈑金見積りガイドブック・ボディ寸法マニュアル「ミッチェル日本語版2017」期間限定!先行予約キャンペーン開催!
アネスト岩田90周年記念モデル'kiwami W-101-148BG-S90に専用カラーカップがついてくる!数量限定!なくなり次第終了!
KES・環境マネジメントシステム・スタンダード

もとのへ戻る

■玄人の選択  スプレーガンには2通りの空気弁方式がある。
  最近、気づいたのですが、よ〜くスプレーガンを観察してみると、どうも2通りの設計思想があるようです。エアを放出する方式の違いとでも言うのでしょうか、仮にそれぞれの方式に「ニードルコンポ型」と「エアー独立型」という呼称を付けることにします。果たして2つの方式の違いはスプレーガンを使う上でどのような違いがあるのかを検証してみました。

 まずおさらいですが、スプレーガンは液体を霧にして吹き付ける道具で、中心にニードル(針)が通っていてトリガーを引くと、ニードルが後退することによって塗料(液体)が前方へ飛びます。スプレーガンにエアーを接続していない場合はノズルより糸状に出るため、これでは霧状にならないため、きれいに吹付ることはできません。そこでスプレーガンのエアキャップには細かな穴がいくつか開けられていて、そこからエアーを放出し、塗料と空気が混ざりあって「霧」になります。スプレーガンの機構はダブルアクションになっていて、少しだけトリガーを引くとまず、エアーだけが出て、さらに引くとエアーとともに塗料が出始めます。いわゆる「ダブルアクション機構」になっています。ここまではいいですよね。
2通りの方式というのはエアーを出させるアクションの違いによる分け方です。

A.エアー独立型
塗料ニードルとエアーバルブ(空気弁)が分かれているタイプです。画像の例はサタ3000ですが、塗料ニードルとは別にトリガーの後ろ側にエアーバルブが付いています。(円の部分)トリガーを引くと先にエアーバルブが後ろに押されてエアーが出、さらに引くとニードルがバックして塗料が出ます。
この構造をもつ機種は・・SATAjet3000HVLPほか全機種、デビルビスJGX-502JGXi-502、GTi、SRi明治Finer、 岩田W-71ほか

 

 

B.ニードルコンポ型
ニードルとエアバルブが一体型になっています。構造はニードルがバルブシリンダーを貫通している二重構造になっており、トリガーを引くとまずエアバルブにあたってエアーだけが出て、さらに引くとニードルが後退して塗料が出ます。画像は岩田W-101ですが、トリガーのうしろには何もありません。
この構造を持つ機種は・・・岩田W-101、デビルビスLUNA、FUN、JJほか

 

 この違いは何を意味するのか? 結論から先に言うとA.のエアー独立型のほうがトリガーのプル&リリースという指動作に対して反応が素速い。B.はトリガーの反応は緩慢で鈍い。バルブが戻るのに少しのタイムラグが生ずる傾向。(といってもほんの短い時間ではあるが・・・。)すなわち「思いのままにスプレーガンを繰りたければ反応のよいエアー独立型がよい」というのが結論である。広範囲の塗装なら塗出量をツマミで調整しトリガーはアタリまでいっぱいに引けばいいだけなので、どちらでもなんら支障はないが、小技を利かせたいケース、例えばスポットボカシなどはトリガーのコントロールによる微妙なニードルの出し入れを繰り返す。しかもできるだけ軽いトリガータッチで瞬時にできることが望ましい。いわゆる半クラ(ッチ)のコントロールである。この作業でニードルの「戻り」が遅ければ半クラのテクニックを困難にさせる。反応が速ければ、始めたいところで始まり、終わりたいところで終れる。これができるならボカシも余分ところまで引っぱらずにフェードアウトすることが可能な良いスプレーガンだと言える。

 予断ですが、sata RPのユーザーはスポット補修にもこのRPを多用しているのを不思議に思ったことがある。それもそういった使い方をしている人は少数派ではない。そのボディーの大きさや重さやノズル口径1.3mmからすれば、スポットのボカシには向くとは想像しにくかった。けれども今回の検証によりこれも納得できた。ちなみにRPのページにユーザーの声を掲載していますので、興味のある方は参照ください。

 以前のスプレーガンはエアー独立型が多かったが、最近のスプレーガンはニードルコンポ型が多くなってきた。なぜだろうか? 私の推測ではたぶんコンポ型のほうがスプレーガン本体を軽量化しやすいためではなかろうか。昨今、スプレーガンはより軽量化へ進んでいるようであるが、犠牲になっている部分もある。デビルビスJGX-502や岩田W-71といったヴィテージモデルがFUNやJJではなく、未だに出荷がある理由を考えてみると、これまた納得である。塗装機メーカーには技術を発揮しやすい、いい道具を作ってもらいたいと思う。
自らの経験に基づいて道具を選ぶ確かな目を持った少数のプロ=玄人(くろうと)は、気質からしてその理由についてほとんど語らないが・・・。

 
▲トップペーシへ戻る
クレジットカードでのお支払方法に分割払いが加わりました。
お役立ち情報
スプレーガン、エアブラシの部品はこちら
カプラはこちら
カップはこちら
エアブラシ特集
解説ナビ
塗材(絵具)の薄め方
HowTo ネイルアート
HowTo ボディアート
テンプレートアート
TR1の秘密
教室のご案内
アーティストYuki&Jin
選び方/用途別
プロの握り方
プロの選択肢
ノズル口径の見方
メンテナンス
塗装後の洗浄
サタHVLPとRPの違い
ガンは幾ついるか
エアラインについて
エアホース基礎知識
トランスホーマー修理
ノスタルジックsharpe
おもしろ塗料特集
naxE3カラボ
塗装のホコリ対策
ムラ消しその1
ムラ消しその2
新車マジョーラ塗色
防錆塗料
水性塗料を使う
アルミの塗装 
クリヤー特集
特殊用途クリヤー
ひび割れる塗装
輸入車カラートリム
ツートンカラートリム
バンパーカラートリム
キャンディーカラー
メッキ塗料テスト
キャンディーの塗り方
自動車塗料の変遷
自補塗料古今東西
京都造形玄人本舗
エイジング塗装
SDS index
粉体塗装
パテの付け方
塗装用語豆辞典
よくある質問
磨きの基礎知識
磨きの基礎知識 Vol.2
はんだで鈑金技術
新ビジネス出張塗装
エア工具の選択法
塗装ブース基礎知識
ブース設置の費用
塗料と温度、湿度
フィルターのQ&A
塗装工場VOCの計算
リスクアセスメント
International shipping
掘り出し物市「アウトレット玄人本舗」
ホビーユーザー必見!タミヤやクレオスなどのホビーブランド満載![プロホンポ・ホビーショップ]
選りすぐりの美味しさ届けます。「したつづみ本舗」
© 2004 PRO-HONPO. All Rights Reserved.